スポンサーサイト

2012.02.06 Monday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -

sRGB画像を鮮やかにする

2011.09.02 Friday 00:11 | by ユキヒロ
 撮った写真をもう少し鮮やか(派手)にしたいが、Photoshopなどで「彩度」を上げて調整すると全体が下品になってしまう、といったような場合に、色域をいったん広げておいて、はみ出た部分をちょん切るという裏技

PhotoshopでsRGBの画像を開いた状態で、[編集]メニュー>[プロファイルの指定]から「Adobe RGB (1988)」を選択する


続いて[編集]メニュー>[プロファイルの変換]から、[変換後のカラースペース]を「sRGB IEC61966-2.1」にする。[マッチング方法]は基本的には「相対的な色域を維持」を選択でよいはず(その場合は[黒点の補正を使用]にチェック)


これで「彩度」を強調するよりも自然な感じ(?)でsRGB画像が鮮やかに


 青空、新緑、紅葉など、風景などにも応用できるかも。ただし広色域モニターでないと作業中の差が分からないので注意。どんな写真にも適するわけではないと思われるので、ケースバイケースで。

 うるさ型の皆さん(誰?)の突っ込みはナシでお願いします。^^;

Lightroomキャンペ期間終了間近

2007.07.03 Tuesday 18:42 | by ユキヒロ
 Adobe Photoshop Lightroomのキャンペーン特価期間が5日(金)で終わりますので、購入を予定されているかたはご注意ください。アドビストアの場合で、特価23,100円が定価33,600に戻ります。



 解説本もいくつか出ています。早川さんのも出るようです。


Photoshop CS3

2007.06.22 Friday 17:29 | by ユキヒロ
 Photoshop CS3の日本語版が本日発売となりました。

 先ほどインストールを終えて、今、アップデータをダウンロード中です(Windows版で87MBあります)。

 ざっと使ってみたかぎり、とにかくいろいろ細かいところがチューニングされているという印象ですね。たとえば、トーンカーブにはヒストグラムがグレーで表示されたりプリセットが用意されていますし、画像解像度には縮小拡大で使うバイキュービックのアルゴリズムが追加されています。正常進化という感じでしょうか。

 機能を使いこなすにはそれなりに勉強をしなければなりませんが、とにかく持っていて損はないでしょう。アップグレードをお薦めします。ちなみに、こちらのamazonから購入していただけると助かります。


EPSON R-D1sで撮ったRAW画像をCS3のCamera Rawで現像し、そのあと、紫っぽい朝顔の花が白くなるように「白黒」調整レイヤでモノクロ化し、「レベル補正」でトーンを整えた例。カラー画像はこちら


EPSON R-D1sで撮ったモノクロJPEG画像を「白黒」調整レイヤで「調色」した例。

作例が貧弱ですみません。

レイヤを使ったシャープネスの調整

2007.06.14 Thursday 22:40 | by ユキヒロ
 ガジュマルの話から本題に移るとして、フィルムスキャンした元画像にシャープネスを適用したいという場合を考えてみます。シャープネスの適正量は、フィルムの種類やフィルム現像(粒状性)、写真の絵柄、表現の方向性などによって異なります。

 しかしPhotoshop CS2の場合、たとえばアンシャープマスクのようなシャープネス処理は元画像に適用されるため、あとから適用量を変更したいと思っても不可能です。

 そんなときは、画像レイヤ(たとえば「背景」レイヤ)を複製し、複製したレイヤに対して少し強めにシャープネス(アンシャープマスクかスマートシャープ)をかけ、そのレイヤの「不透明度」スライダを調整すれば、シャープネス量を実質的に微調整することができます。

 この処理を応用すると、画像の指定部分のみにシャープネスを適用することも可能です。たとえば、以下のチュートリアルを参照してください。
http://www.adobe.com/jp/designcenter/photoshop/articles/phscs2at_sharpening_05.html
http://cp.c-ij.com/japan/photoretouch/application/brightness_contrast/brightness_contrast04.html



 なお、まもなく日本語版がリリースされるPhotoshop CS3には「スマートレイヤ」という新機能が追加され、シャープネスフィルタをレイヤとして処理することができるようになります。CS2のように微調整で苦労することは少なくなるでしょう。

 ということでCS3のリリースが待ち遠しいこの頃ですが、アップグレードをせずにCS/CS2をしばらく使おうと考えているかたは、上記の方法をお試しください。

フィルムとデジタルの違い(その3)

2007.06.05 Tuesday 23:47 | by ユキヒロ
 何がなんだか分からない落書きですが、本日のひらめき。

 合ってるかどうか分かりませんが、しばらくこれを仮説に組み立ててみます。


デジタルとフィルムの違い(その2)

2007.06.04 Monday 15:32 | by ユキヒロ
 研究中です。以下はデジカメが吐き出すモノクロ画像に対するアイディア。

・デジカメの画像をヒストグラムを見ると0から255までフルに使われていることが多い(ラチチュードの狭さも要因)。フィルムスキャン画像でそこまで広く使うことはあまりない
 →「レベル補正」で出力レベルをシャドウを10、ハイライトを240くらいに抑えてやる

・階調がのっぺりしている
 →「ポスタライズ」で思い切って48階調または64階調程度に落としてみる

・ハイライトがすとんという感じ(フィルム的な粘りがない)
 →「トーンカーブ」で肩を作る

・コントラストが高めに感じられる
 →「トーンカーブ」で調整する。5〜10ポイントくらいのカーブを描いてゾーンシステム的に階調をマッピングしていく(ただし、まだルールが見つからない:同じ被写体を写してデータを取っていくしかないかなぁ)

・精細度が高すぎる
 →「ぼかし(ガウス)」で0.5ピクセル程度でぼかし、あとからもう一度「アンシャープマスク」を弱めにかける

・粒状感がない
 →「ノイズを加える」でガウスノイズを2〜3%程度加える(ただしPhotoshopのノイズとフィルムの粒状感とは似ても似つかない)。一部のノイズを「シャープ」で強調する

ポスタライズ〜ノイズまでは領域ごとに選択的に行うとよいかもしれない

・デジタルカメラの多くは周辺光量が落ちない(R-D1系と一部レンズの組み合わせを除く)
 →「レンズ補正」でビネットをマイナスにかける

・デジタルカメラの多くはパンフォーカスである
 →「ぼかし」で後処理するのは大変。明るいレンズのデジカメでなるべく開けて撮る

・ニュートラルグレーのままウェブにアップしている人が多い
 →ウェブ掲載の場合は「色相・彩度」でわずかに調色すると、少しは銀塩っぽくなる

・用紙を選ぶ
 →ピクトランを使うとデジカメの嫌らしさ(どぎつさ)が緩和される。マット系が適する場合もありそう


これはフィルムである。

デジタルとフィルムの違い

2007.06.03 Sunday 15:03 | by ユキヒロ
 デジタルで撮った(ときには不自然にさえ見える)モノクロ画像と、フィルムで撮ってスキャンした(子供の頃から見慣れていて違和感のない)モノクロ画像とは、何が違うのだろうか、という点は前からの悩みの種。

 特性曲線/トーンカーブ、粒状感、シャープさ、ボケ/パンフォーカス...いくつかは考えられるのですが、決定的な理由を把握するまでにはいたっていません。どなたかズバッと解説してくれませんか。

 ウェブを巡回していると、これはデジタルで撮ったな、これはフィルムだな、と明らかに分かる写真がある一方で、どちらとも判別の付かない写真があるのも事実。その決定的な違いがどこにあるのかよく分かりませんが、自分なりにデジとフィルムの持つ個性を処理してみたのが下の3枚。ちなみに機材データはフェイクです。ま、どれがデジでどれがフィルムかはすぐに分かっちゃうでしょうけど(当ててみてください)。


Ricoh GR DIGITAL


LEICA M4-2 + M-Rokkor 28mm + Tri-X


New Mamiya 7 + RDP III -> モノクロ変換

 で、最後は、デジタルで撮ったモノクロ画像をフィルム的な自然なモノクロ画像に処理できる手順が確立されれば、果たして僕はフィルムカメラを使い続けるだろうか、という自問に直面するわけですね。

 ただ、一部の写真家が言うように、「デジタルは写り過ぎてしまう」し、「写らないのがフィルムの魅力である」わけですから、Photoshopでどうのこうのできたとしても、そのギャップは埋まることはないように思えます。フィルムカメラはそれ自体に楽しみがありますしね。

かもめの種明かし

2007.05.22 Tuesday 02:08 | by ユキヒロ
 さて、先日の「かもめ」の写真ですが、実は、



こんな何の変哲もない写真が元になっています。

 要はカモメを切り抜いて周囲を黒で塗りつぶし、羽根に透明感が出るようにトーンカーブを調整する、という簡単な方法なのですが、詳しい内容は
http://com1.runboard.com/bthedigitalmonochromeforum.f24.t195353
という濃いサイトに載っています。元画像のRAWファイルもダウンロードできるので遊んでみてください。Photoshopに慣れていれば15分ほどで完成するはずです。テクバトルのモノクロ編といったところでしょうか。

 画像処理がどこまで許されるのかという問題はさておき、こういう写真を「絵」にしてしまうアメリカ人の発想に驚かされます。

Adobe Photoshop CS3

2007.05.09 Wednesday 23:46 | by ユキヒロ
AdobeからPhotoshop CS3日本語版が発表されました。正式発売は6月末ですが、お約束(笑)なので、さっそくアフィ貼っときます。ポチクリしていただけると、ペーパーやらインクの購入代の足しになるので、ぜひよろしくですっ。m-_-m

Photoshop CS3

Windows版
フルパッケージ

Windows版
アップグレード

Macintosh版
フルパッケージ

Macintosh版
アップグレード
続きを読む >>

かもめ

2007.05.09 Wednesday 02:02 | by ユキヒロ
 ちょっと遊んでみました。こういう写真は自分にあまり似合わないかも。種明かしは次回。