<< T-MAX100をスキャンする | main | ソフトウェアのアップデート >>

スポンサーサイト

2012.02.06 Monday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -

テストプリントの日

2007.09.22 Saturday 00:27 | by ユキヒロ
 今日はしばらくぶりにスキャンとプリントのテストをやりました。(仕事は??)

 目的はふたつ。

(1) Tri-XとT-MAX100の差がデジタルプリントで出るか
(2) Tri-Xはどの程度シャープに仕上げられるか

 サンプル数が少ないのではっきりとは結論づけられませんが、フィルムの違いはデジタルプリントにも現れると考えてよさそうです。

 ふたつを比較すると、やはりTri-Xが「ぽくって」いい感じですね。ただシャープネスの処理がポイント。最適な手順はもう少し追試が必要です。

 T-MAXは中判の常用の候補から落とそうかと思っています。このトーンならデジでいいじゃん、って感じなので。

 本日のワークフロー
・スキャナ:EPSON GT-X800
・スキャンソフト:SilverFast SE Plus(NegaFix適用)
・プリントソフト:QuadTone RIP 2.5.2
・ペーパー:EPSON 写真用紙<光沢> 四切



 ネガに若干の現像ムラを発見(タンクはマスコ)。倒立攪拌するときのスピードが速すぎたのかも。次回注意してみます。

スポンサーサイト

2012.02.06 Monday | by スポンサードリンク

  • -
  • -
コメント
コメントを記入する