<< ゾーンシステムのワークショップ | main | 現像失敗 >>

スポンサーサイト

2012.02.06 Monday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -

啓蟄

2008.04.13 Sunday 18:47 | by ユキヒロ
 気温と水温が多少上がってきたので、諸般の事情で秋から中断していたフィルム現像を再開しようと、今日は現像タンクを洗い、半年間放置してあった現像液と定着液を廃液タンクに移し、新しい液を準備。

 定着液はコダックからイルフォード(ハイパムフィクサー)に変更。流水で水洗しなくてもいいようなので、多少でもエコになるかなと。

 撮影済みフィルムが何本かたまっているので、明日あたり久しぶりに現像してみようかと思ってますが、果たして上手くいくでしょうか!?(しばらくやってないからマスコの巻き込みを失敗しそうだなぁ)。






JUGEMテーマ:写真

スポンサーサイト

2012.02.06 Monday | by スポンサードリンク

  • -
  • -
コメント
黄色い液体は何?
僕が使っている液体は無色透明ですので、すごく気になります。
itokeiさん、
 やだなー、ご存知のくせに。^^
 XTOLのA剤です。(B剤を入れる前)
  • ユキヒロ
  • 2008/04/14 00:10
あっそうか。僕もXTOL常用なんですが、B剤を耳かき2〜3杯溶解してからA剤を入れているので黄色くならないんです。B剤に含まれる酸化防止剤が効くんです。お試しあれ。
  • itokei
  • 2008/04/14 08:25
itokeiさん、
 そのTIPSは以前ゾロ目のときに伺いましたが、
 色が消える以外に効果はあるのですか?
  • ユキヒロ
  • 2008/04/14 12:00
現像主剤の余分な酸化を防止するとの理解でいます。酸化が無く、透明な方が気持ちいいのでそうしています。
これが現像結果に影響があるかどうかは判りません。(汗)
  • itokei
  • 2008/04/14 15:06
コメントを記入する