<< 単行本「21世紀の銀塩写真」 | main | 晴れたらセンパチ >>

スポンサーサイト

2012.02.06 Monday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -

デジタルでモノクロを撮る(2)

2008.05.09 Friday 01:50 | by ユキヒロ
http://www.markushartel.com/tutorials/photoshop/color-to-bw-conversion.html
http://www.markushartel.com/tutorials/basics/street-photography-qa.html

・ハイライトが飛ばないように、1/3段ほどアンダーにして
・RAWで撮り
・Adobe Camera RAWでトーンを残すように現像し
・チャネルミキサーでフィルムの特性をシミュレーションしつつモノクロに変換し
・S字のトーンカーブを当ててコントラストを高めにし
・必要に応じて覆い焼き/焼き込み等々を適用し
・必要に応じて粒状感を加える(自作・$2.49)

といったようなフローが紹介されていました。


JUGEMテーマ:写真


スポンサーサイト

2012.02.06 Monday | by スポンサードリンク

  • -
  • -
コメント
こんにちわ

↑私のフローと同じく安心しました。

以前に紹介されていたトイカメラvivitar
私も愛好者なんですよ。

覗いて巻いて押すだけのシンプルさが
いい。


  • ichi
  • 2008/05/09 13:05
ichiさま、
 どうやら、ハイライト温存のために多少アンダーで撮るのと、デジの緩いモノクロをコントラストを上げて「締める」のが肝のようですね。
  • ユキヒロ
  • 2008/05/12 00:52
こんにちは。久しぶりに訪問しました。
前項から続きとして感想を書きますが、自家現像をしてる方が、カメラモノクロJPEGで満足出きるわけないと思いますが。
撮影時にシミュレーションとして、液晶をモノクロにしておくのは良いですが、自分のモノクロは自分のイメージの中にあると思います。
外注プリントが自分のイメージに合わないのと一緒です。
今度の合同展、関さんテイストのモノクロを期待してます。
  • おらひ
  • 2008/05/21 11:10
おらひさま、
 JPEGで満足するかしないか、という観点では考えていません。
 デジタルもフィルムの一種みたいなもんですから、適切であれば使います。ただ、クセというかコツをなるべく掴んでおきたいと考えて、ない知恵で研究しているだけです。

 世の中、カラーモノクロ変換の情報ばかりで、撮影時の「Rule of thumb」が少なすぎるように思います。

 ちなみにグループ展はデジタルでの撮影です。フィルムを選択しなかったのにはもちろん理由があります。ただ、作品・クオリティともに、おらひさんのご批判に耐え得るようなものには仕上がりそうもありません。(しかも、実はまだ撮影中)
  • ユキヒロ
  • 2008/05/21 11:43
コメントを記入する