<< PX-5800は在庫処分モード?? | main | 写真甲子園2008:テレビ放送 >>

スポンサーサイト

2012.02.06 Monday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -

ピクトラン写真展

2008.09.11 Thursday 01:21 | by ユキヒロ
 ギャラリーコスモスで、ピクトランの開発者である簾田(みすだ)勝俊さんの個展「心象欧州后廚開かれています。

 和紙を使ったおなじみの「局紙」のほか、「ピクトランバライタ」、「ピクトランクリスタル」、「ピクトランメタル」という新しいペーパーが使われています。なお、撮影はデジタルで、プリントはモノクロとカラーの両方です。

 それと製品化は未定とのことですが、今の「局紙」よりも地が白い和紙(実際はこれも局紙、190g程度と今のよりやや薄い)をベースに使った試作品の展示もあります。マットブラックインクではなくてフォトブラックインクでのプリント(カラーとモノクロ)が展示されていますが、セミマット紙風の柔らかな風合いで、これはこれで雰囲気があってアリだよね、という感じ。

 期間は28日までです。なお16日夕方にパーティがあります。試作品に対する意見を簾田さんに直接伝えると、もしかしたら採用されるかもしれません!?

JUGEMテーマ:写真

スポンサーサイト

2012.02.06 Monday | by スポンサードリンク

  • -
  • -
コメント
こんばんは、はじめまして。

いつもブログを拝見させている、シロの飼い主と申します。本日、こちらで紹介されていたギャラリーコスモスでの写真展に行ってまいりました。ちょうど会場に(ピクトランの開発者である)簾田勝俊さんにもおいでになり、いろいろと話を聞くことができました。ピクトランパライタについては「このままで発売するのか、改良をするかは未決定」とのことでしたが、運よく有償サンプルを入手することができました。帰宅後早速「ベルベッティ」「月光グリーンラベル」と比較するべくテストプリントをしてみました。結果は・・・一晩乾燥させてから判定することにします。

余談が過ぎましたが、有益な情報を発信してくださいましたこと、改めてお礼申し上げます。
  • シロの飼い主
  • 2008/09/12 21:49
シロの飼い主さま
 アクセスありがとうございます。
 ピクトランのバライタはどうなんでしょうねぇ。月光のグリーンラベルが結構いいんで、もっと値段が高くなっちゃったら売れるのかなぁ、とか思ったりもします。イノーバのバライタはサーフェス(表面)が非常に弱いので、ピクトランがそこらへんタフに作られてくれば面白いかもしれませんけど。

 なお16日夕方に、泡の出るものが出るそうですので、お暇ならどうぞ。
  • ユキヒロ
  • 2008/09/12 23:23
ユキヒロさま、こんばんは。早速のご返信、有難うございます。

ピクトランのバライタ、テストプリントをしてみましたが第一印象は「イイ!」の一言に尽きます。常用のベルベッティよりも黒の濃度が濃く、締まりがあるように感じます。また、月光グリーンラベルよりもグレーがやや温かいように感じます。ただ、私の好みではもう少し光沢が抑えられていたほうが良いのですが。問題はゴミ等が付着しやすく(まるで銀塩印画紙みたいです)取り扱いに大変神経を使います。ただ、今回使用しているのはあくまでも試用ロット品であり、本製品では改良されていることを期待してやみません。

泡の出るもの、大好物なんですが16日は仕事の都合でいけそうにありません。残念です。
  • シロの飼い主
  • 2008/09/13 00:09
コメントを記入する