スポンサーサイト

2012.02.06 Monday | by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • -
  • -

ピクトリコのICCプロファイル

2007.11.08 Thursday 00:24 | by ユキヒロ
 ピクトリコと月光の各ICCプロファイルが、ピクトリコクラブに登録せずともダウンロードできるようになりました。いつもパスワードを忘れては困っていたんですが、これで楽になりました。

http://www.pictorico.jp/downloads/


JUGEMテーマ:写真

ピクトリコから用紙2種

2007.11.08 Thursday 00:21 | by ユキヒロ
 ピクトリコから新しく2種類の用紙が発売されました。

・半光沢面の写真用紙『ピクトリコプロ・セミグロスペーパー

・無光沢面の専用紙『ピクトリコプロ・デザインペーパー』 (マット紙らしい)

 2日ほど前に近所のヨドバシに行ったんですが、まだ置いてありませんでしたので、実物(サンプル)はまだ確認していません。


JUGEMテーマ:写真

11×14の用紙

2007.10.22 Monday 16:24 | by ユキヒロ
 欧米ではポートフォリオなどに11インチ×14インチの印画紙が比較的多く使われているようです。ギャラリーの作品のほか、ポートフォリオボックスやブックアルバムに、このサイズをよく見かけます。これは日本では「大四切」と呼ばれているサイズ。

 残念ながら日本で売られているインクジェットペーパーにはこのサイズがありません。ということは、少し大きめのペーパーから切り出すしかないわけです。

 で、いちばん近いサイズのA3からカットすると、幅65mmのストリップが出てしまいますが、これがPX-5500の最小紙幅(89mm)に達しないため捨てるしかない。(印字できるプリンタもあります)

 ところが、一見無駄が多くなりそうなA3ノビからカットすると、127mm幅のストリップが得られ、二等分ないし三等分すればテストプリントに使えるじゃん、なんてことにハタと気づいたというわけ。

 細かい話ですみません。^^;




ペーパーサンプルを買うなら

2007.10.18 Thursday 23:43 | by ユキヒロ
 欧米ではインクジェット用にさまざまなペーパーが発売されていますが、残念ながら日本ではほとんど手に入りません。海外から個人輸入するしか手がないのですが、メーカーの製品サイトだけを見ていきなり箱単位で購入するのはリスクが高すぎます。

 そこでお勧めなのが、ペーパーのサンプルセットです。少数枚をワンパックにしたお試しセットを販売している専門ショップが結構あります。もし興味のあるかたは直接問い合わせてみてください。以下の二つは僕が実際に購入したところです。

marrutt.com
 イギリスのショップです。日本から購入可能。イノーバ、ライソン(Lyson)、イルフォード、テテナル(TETENAL)を取り扱っており、ここのサンプルパックはなんとタダです。
 PX-5500(R2400)用のインク連続給送システムも取り扱っています。

Freestyle Photographic Supplies
 アメリカのショップです。日本から購入可能。ベルゲール(Berger)、イノーバ、ルミジェット(Lumijet)、メディアストリート(Mediastreet)、ハーネミューレ、リージョン(Legion)、ミュゼオ(Museo)、ハーマン(Harman)など、多くのペーパーを扱っています。そのうち何種類かにサンプルパックがあります。
 また、Freestyleはモノクロ関係の薬品、印画紙、暗室用品なども数多く扱っています。

 日本で一般に売られているペーパーは、カラーに適した光沢紙がほとんどで、モノクロ向きではなく気に入らない、というかたは、こういった海外用品サイトを利用してさまざまなペーパーを試してみてはいかがでしょう。なお、税関で関税がかかる場合があります。

EPSONアメリカからバライタ(調)用紙

2007.10.09 Tuesday 23:11 | by ユキヒロ
 アメリカのEpsonから Exhibition Fiber Paper というバライタ(調)の用紙が発表されました。11月から発売されるとのこと。日本での発売は不明。

リリース
製品情報

 別の情報をまとめると、

・秤量325g
・ファイバーベース
・光沢感と輝き感(sheen)がある:まさかSilverRag的?
・ナチュラルな紙白
・2005年から開発
・フォトブラックインクを使用
・dMaxは2.5以上
・シートのみ、厚いのでロール紙はなし

 ファイバーベースの用紙は、Ilfordの技術者がスピンアウトしたHarman PHOTOが出したり、ハーネミューレがBarayta 325という用紙をつい先日発表したばかり。本家が出すことで面白くなりそうです(選択肢が増えて悩みも増えますけど)。

ロール紙

2007.09.23 Sunday 22:07 | by ユキヒロ
 しばらく先なんですが、かなり横長の作品をプリントする予定があって、いつもモノクロプリントに使っているピクトリコのベルベッティを調べたところ、ぎゃっ、幅329mm(A3ノビ)のロール紙はカタログにないのですね。

 ちょっと目論みが外れてしまいました。

 そのほかも探してみましたが、適当なサイズのロール紙はせいぜいエプソンの純正用紙くらい。ロール紙なんて興味がなかったから、初めて知りました。うーむ、困った困った。

GEKKO グリーンラベル

2007.09.23 Sunday 14:11 | by ユキヒロ
 GEKKOブランドのグリーンラベルが発売されました。



六切り×15枚 1,890円
四切り×15枚 2,730円
A3ノビ×15枚 5,040円(いずれもピクトリコクラブ価格)

 第一印象としてはピクトリコのベルベッティを厚手にした感じ。一応「バライタ調紙」と銘打たれています。

 PX-5500ではフォトブラックインクを使います。用紙設定は「写真用紙<絹目調>」でいいと思います。

アップル銀座店でのセミナー

2007.07.10 Tuesday 01:12 | by ユキヒロ
7月24日(火)に、「モノクロのためのプリント用紙を極める」と題したセミナーが、アップル銀座店3Fで開かれます。(事前登録不要・参加無料)

http://www.apple.com/jp/retail/ginza/week/20070722.html
http://www.genkosha.com/seminar/2007/06/post_9.html
http://www.genkosha.com/seminar/2007/07/monthly_prophoto_26.html
↑アンケートに回答すると用紙サンプルをくれるそうです。

 僕も行けたら行きます。

ピクトランでモノクロプリント

2007.06.08 Friday 21:59 | by ユキヒロ
 4月29日のエントリーで、PX-5500系を使ってピクトランでモノクロプリントする場合は、フォトブラックインクよりもマットブラックインクのほうが適当である、と書きましたが、ドライバではなくRIPを使い、専用のプロファイルをしっかり作れば、フォトブラックのほうが優れた表現ができるようです。

 ギャラリーコスモスにあった某写真家のテストプリントに圧倒されました。

 いずれ追試します。


EOS-5D + 24-70mm/F2.8L + 銀塩風味処理

HPの用紙プレゼント

2007.05.30 Wednesday 10:56 | by ユキヒロ
 先着200名にプレゼントしてくれるそうです。

HP 純正用紙サンプルセットプレゼント
HP アドバンスフォト用紙(光沢)とHP プレミアムプラスフォト用紙(光沢)をセットにした、サンプル用紙合計21枚を先着200名様にプレゼント!

■セット内容詳細(合計21枚):
* HP アドバンスフォト用紙(光沢)
 A4、2L判、10x15cm、L判 各3枚 計12枚
* HP プレミアムプラスフォト用紙(光沢)
 A4,10x15cm、L判 各3枚 計9枚


 申し込みはお早めに〜

 URLを忘れていました。
http://h50146.www5.hp.com/products/printers/supply/inkjet/youshi_taikousei.html